ルミキシルブライトニングシステムの副作用

  

 

副作用

・ルミキシルペプチドが配合されているスキンケア商品は、紫外線にとても弱いです。
日中、紫外線を浴びる可能性のある状況で使用する場合、SPF30以上のUVカット効果のある日焼け止めを塗る必要があります。その点、ルミキシル・ブライトニングシステムには日中ケアの最後に使う、モイスチャーロックサンスクリーンSPF30、という商品がセットになっていますので安心できます。

 

・ルミキシル・ブライトニングシステムは副作用も少なく、低刺激なことで知られていますが、どんな化粧品にも当てはまりますが、お肌には個人差があり、合わなければ赤みやかゆみが出る場合もあります。
少しでも異常を感じたらすぐに使用を中止し、医師に相談しましょう。

 

事例

・面倒で日焼け止めを塗る手間をはぶいて日中ルミキシル・ブライトニングシステムを使用していたら、色素沈着がひどくなってしまったことがあります。
やはり注意書き、取り扱い方法通りに最後のUVカットのステップは必ず必要だと痛感しました。

 

・使用後に毎回ピリピリして赤くなるので途中で使用を中止しました。体調も悪い時だったのでそのせいかもしれません。

 

 

ルミキシルブライトニングシステムの注意事項

 

・ルミキシル・ぶライトニングシステムの商品は全て直射日光が当たらない、25度以下の場所で保管してください。

 

・使った後は蓋をきちんと閉めてください。

 

・目に入らないように注意して使用してください。

 

・お肌に付いてしまった液を落としたい時は、よく水で洗ってください。

 

・ルミキシル・ブライトニングシステムは、お子様の手の届かない場所に保管してください。

 

・もしも誤って飲んでしまった場合、病院などの専門機関にすぐに相談してください。

 

・お肌に異常が生じた時は、すぐに使うのをやめて病院で相談してください。

 

 


HOME どんな商品? 口コミ 使い方 副作用 成分